2019年12月27日

摂食障害についてと対応

カウンセラーの伊藤です。

『摂食障害』

近年、芸能人の告白する人も増え、
テレビやメディアで取り上げられることも増えてきました。

先日テレビで小学3年生の子が摂食障害を発症した再現ドラマなども放送されていました。
摂食障害は低年齢化している問題でもあることを感じました。

摂食障害の中には拒食症、過食症があります。
どちらか一方の場合もあれば、
どちらも持っていて交互に症状がでる方もいます。

原因はさまざまです。
・親や友達に体型のことを指摘され気にしだす
・思春期にダイエットを始めたのをきっかけに発症
・ストレスや寂しさを紛らわす為に食への依存として症状が出る
・親子関係に問題がある場合

一概にこれといった原因があるわけではありません。

症状もいろんなケースがあります。
・食べ物を受け付けなくなる(一部の物しか食べない)
・食べたものを下剤で出そうとする(下剤乱用)
・食べ吐き(過食嘔吐)
・食べ物を口にするか飲み込まずに出す(チューイング)

アルコール依存症や他の依存症を併発してる場合も結構あります。

摂食障害の根本は根が深く、
その行為自体を辞めさせることは根本的解決になりません。

時間をかけ、食や体型のこだわりや偏った考え方を緩和していくことと、
心のケアも並行して行うことも大切です。

心の問題から来ている場合、まずその行動をやめさせるのではなく、
心のケアからはじめ、本人が納得した上で治療をしていかなければ、
問題は根本的に解決されたとは言えません。

根本的に問題を解決しなかった場合、
摂食障害は収まったとしても、別の問題行動として移行してしまうだけの場合もあります。

原因が親子関係や寂しさなど根深い問題があった場合、
摂食障害の症状が収まったとしても、
また別の症状が現れ、この繰り返しになることも少なくありません。

食べ物のコントロールは自分の気持ちでなんとかなるとか、
簡単コントロールできるだろうと感じている人もいますが、
食べだしたらお腹いっぱいになっても食べてしまったり、満腹感自体を感じなかったり、
食べたくないのに食べ続けてしまう場合もあります。

拒食症も重度になると、
食べようとする気持ちはあるのに食べると身体が受け付けなくなる。
身体に食べ物や栄養が入ること自体が怖い。
自分ではどうにもならなくなり命の危険にさらされ、入院や点滴で栄養補給しなければならなくなります。

どうして発症したか、根本的問題を探し、
理解と正しい対応や声かけが周りの人には必要です。

対応として、、、
本人を責めたり否定したりしない。
本人の気持ちを聞き、尊重する。
過食や拒食を無理に止めさせようとしない。

本人が治したいと思ってるのに自分だけではどうにもならなくなっている場合。
医療機関や専門のカウンセラー、自助グループと繋がることも回復に繋がります。

真面目で自分を追い込んでしまう性格の人が発症する例も多く、
一人で抱え苦しんでいる人もいます。

一人じゃない。
そう思えることも回復への大きな支えとなります。
  


Posted by コネクトスポット at 10:21 │コメントをする・見る(0)専門的ノウハウ

2019年12月24日

なんでわからないんだ、もう!となる前にできること

こんばんは。

よくあるルールの伝え方でありがちなこと

「走らない」「騒がない」「一人でやらない」

否定形で伝えると伝わらないことがあるのではないでしょうか。
もし自分のやってほしいことを相手に伝えても伝わらないならば、
自分が否定形で伝えてないか考えてみてはどうでしょうか?

「走らない」(否定形)=「歩く」「スキップする」「立っている」「座る」などなど

「〜しないで」と我々が言う時、無意識に歩いてほしいと思っている場合がありますが、「走らない」というときには、「歩く」以外にもたくさんの肯定形の言い方が含まれています。

否定形で伝えても、解釈の余地が多く分かりにくい場合が多い気がします。

他の例でなら

「そのフード(赤色)はTPOに合ってないよ」
=今来ている服がこの場面で着ていい服ではない

というところまでは相手が分かったとして

次の日
言われた本人は、
薄いピンクの色のフードを着てくるかもしれないし
フードはやめたが、真っ赤なセーターを着てくるかもしれないし
他にもいろんな可能性があるやもしれません。

ちょっと言い方を変えてみよう

「淡い色のフードを着てきてね」

こちらのほうが解釈の余地が減っているはずです。
厳密には淡い色のフードって何色から何色まで?

という曖昧さは残りますが。

否定形で伝えたくなる時、肯定形で何というか
考えてみてほしいです。


面倒だと思うかもしれませんが、

ずっと否定形を言わずに、肯定形で伝えるように
練習していると

頭が異常に疲れてくるかもしれませんが。。
「ダメ、しちゃいけない!」と伝えたいのに、
「これならしていいよ」と言い換えるのはなかなか骨です。


でも


肯定形で分かりやすく
「〜ならしてもいい」と伝えて
相手が理解してくれるとめちゃくちゃ嬉しいです。

理解してもらうためには色々な方法を試してみたいです。
そして、いつか伝わると思うので、根気よく色々やっていると



うわ!分かってもらえた!そう思える時が来るかもしれません。



もちろん
100%万能な方法ではないですし、伝わらない原因は他にも有ると思います。

上に上げた例は全部指示ですから、言い方、表現の仕方が肯定形、否定形であるかどうかの前に

命令と感じて、イライラさせてしまうかもしれない。

命令よりはお願いの方が相手は受け入れやすいのではないだろうか。



そんなこともあるだろうし


あくまで伝え方の一つの方法として(肯定形とお願いを使う)

「し」(行動)+「ないで」(否定)よりも

「して」(行動)+「ほしい」(肯定形+お願い)

の方が具体的だしお願いされて悪い気はしないのではないでしょうか。


さわい拝

NPO法人コネクトスポット
HP➡︎ https://npo.connect-spot.net/  


Posted by コネクトスポット at 01:27 │コメントをする・見る(1)発達障がい

2019年12月17日

まちと共に

おすそ分けをいただきました。

最近では、まちの人たちと野菜を育てる企画で使われていたプランターやかつてバンド活動をされていた方が使っていた機材。

これらはコネクトスポットの目指す「誰もが自分らしく、共に暮らせる地域」に共感していただいた方々からのお申し出がきっかけでした。


コネクトスポットに運んできてみると、

新しいものを用意するのと違って、さまざまな方の顔が思い浮かぶのがうれしいなと個人的に感じています。

こういったものが利用者さんの実現したい姿と結びついたとき、まちにとっても力になると思っています。



どんなものへと形を変えていくのか、私も楽しみですし、いつかどこかでご報告できたらなと思っています。






スタッフ なかた  


Posted by コネクトスポット at 13:58 │コメントをする・見る(0)

2019年12月14日

人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い

学校に行かなかった経験のある方へのサポートをしている山下です。

ちなみに私は小中高とほぼ皆勤で、学校に行かないと言う選択があることに気づけなかったタイプ。
だからこそ、自分とは違う学生生活を選択している彼ら・彼女らの言葉はとても大切に思えていて、いつも私が気づかされるばかりです。

今までにいろいろな出会いの中でよく耳にする声を今回は紹介したいと思います。



「人と違った生き方かもしれないけど、自分は自分で良い」

自分の生き方を信じることって意外と難しいです。
これは以前にうちのスタッフの伊藤も記事に書いています。


また自分を生きることをテーマにした企画をスタッフの中田が開催しています。


人違う生き方を歩む時、誰だって不安があります。
そんな時、その選択を信じてくれる存在が必要です。

コネスポは自分に正直に生きようとする想い私たちは信じて伴走します。
その人しか描けないその人らしい生き方を共に創り上げて行きます。

そして、人生を振り返った時に自分の生きて来た道に自信が持てる様に願っています。

現在、若者の生き方にフォーカスしたこんなイベントも企画中です。
「多様な若者にスポットを当てるデザイン展」
https://npo.connect-spot.net/art-exhibition

気になった方、話を聞いてみたい方、一緒に生き方を考えたい方
お気軽にお問い合わせ下さい。

NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL [email protected]
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/
  


2019年12月13日

少しづつ止めていくことと、少しづつ積み上げること

こんばんは。澤井です。



ABAの人は冷たいというイメージってある人はいますか?
僕もそういうイメージを抱いたこともありますが。


TEACCHの偉い先生にABAとTEACCHは違うの?って聞いたことがあります。
基本的にはおんなじやにと 英語で仰ってくれた記憶があります。


ABAは応用行動分析の略です。


最近ABA派の人と喋っていておもしろいなと思ったのは、

「フェイディングはスモールステップとおんなじ」と言っていて

ああ!!そりゃそうだとなりました。



フェィディング、fading(フェードアウト?)「消えていく、減らしていく」みたいな意味だと思います。

簡単に考えると支援を減らしてくということ。



僕は絵カードやスケジュールの支援が大好きなので、足し算で支援を作ります。

つい最近まで引き算の支援、フェイディングなんてどうなんだろうと思ってました。


一方で、
スモールステップについて
今できないことも できることを一つ一つ重ねていくとできるようになるということ


これってフェイディングと似てるという理屈です。


スモールステップのイメージ(子どものできることが伸びていくイメージ)
1 2 3 4 5とできる事が増えていきます。 いきなり1〜5までジャンプではなく、一つづつ本人のレベルに合わせてというところが大事です。


フェイディングのイメージ(子どものできることが伸びていく時に、支援者のすることが減っていくイメージ)
5 4 3 2 1と支援者は支援を減らしていきます。一方で子どもは支援者のヒントが減っても理解が増しているから1 2 3 4 5とできることが増えていく。


そう考えたら、支援を減らす ってなんとなく嫌だなと思ってたのが


フェイディングもスモールステップもおんなじことだなと気づきました。



優秀な支援者に出会うと、嫉妬もしますが、自分のできてなさ(=これからの伸びしろ)に気づけるので、ありがたいなと思います。
何より支援をちゃんとしている人を見ていると気持ちいいのです。やるべきことを手を抜かず、根拠に基づきつつ、そして支援を楽しみ自分を楽しむ。


良い支援って何かっていうと たぶん 楽しむこと 力を尽くすこと 実証されているやり方を使うこと


そういう意味では ティーチでも ABAでも 他の学問でもあまり変わりません、おそらく。


そして、支援者は自分を楽しむ余裕があるから 少しづつ自分の存在を減らしていく 依存関係にならない
そして、被支援者は自分を楽しみはじめ、少しづつできることが増えていく あるいは すでに持っていた才能を開花させるだけ


支援と被支援を乗り越える対話みたいな話も書きたいけれど、ちょっと自分の詳しいジャンルからずれるかな。


さて 今日はおしまい。 また

さわい拝
発達支援アドバイザー






  


Posted by コネクトスポット at 00:13 │コメントをする・見る(0)発達障がい

2019年12月12日

ご本人の力を引き出すために(TEACCHについて)

12月8日にTEACCH研究会の実践報告会で山下と澤井で発表させてもらいました。

澤井です。こんばんは。

TEACCHとは

自閉症の子どもと、コミュニケーションに関わるハンディキャップがある子ども、についてのトリートメント(接遇)と教育とでも訳しましょうか。

Treatment and Education of Autistic and related Communication handicapped Children

この頭文字をとったものです。


私はTEACCHを勉強してきました。
私の最初のティーチの理解は


絵カードを使う
パーテーションを使う
スケジュールを使う
自立課題を提供する
構造化をする
そんな理解でした。

パーテーション使えば、構造化でしょぐらいに思っていたところがあります。。

構造化は
・スケジュールを使う
視覚的に時間が目に見えるようにする

・自立課題を提供する
人の指示がなくても、視覚的手がかりを使って自分一人で作業課題を終えることができる。

・エリアの意味づけを明確にする。
自閉症の人が混乱しないように(ここはこれをする場所とわかるように)場所の意味を明確にする。

たとえば、1:1で大人と勉強するスペース、一人で勉強(作業)する場所、遊ぶ場所、集団活動をする場所などに分けます。

など他の支援方法と違う(目立つ部分)ところがあります。


私は視覚的な手がかりを多用するのが、TEACCHだと思っていました。
どれだけ自閉症の人が支援者に声をかけられなくても、自分の目で見て理解し、自主的に行動できるようにするというものだと思ってました。


でも、色々な話を聞く中で 大事なことは


これは私がそう思うだけで TEACCHの中心概念がこうだと言っているのではないので、澤井の解釈ですと前置きしますが、


アセスメント(評価)をする
意味の分からない世界に意味をもたらすことで、
本人の力を引き出す
ご家族と共に支援する


つい形に捕らわれてしまいがちです。


私もパーテーションを意味もなく置いていた時もありました。




本人の力を引き出すために、まずは本人の理解度合いを探り、それに合わせたツールを用意する

理解度合いを探るためにアセスメント(評価)をする。

そして、ご家族と一緒に住んでいる本人、そのご家族が幸せであるために、家族と協働してご本人を支援する。


この辺りが大事かと思います。


評価について、補足すると、評価は本人の能力を点数化する、ちょっと上からなニュアンスと感じる方もいるかもしれませんが、評価で大事なことは「今はできていないけど、あと少し手助けや理解が進めばできそうな」部分を大切にします。

できそうなことを探して、どう工夫したらできるようになるか、そんな見方をしていくことが評価だと思っています。

以上は
あくまで私の個人的な解釈なので、ご興味ある方は、

TEACCH研究会などの勉強会にご参加してみてください。
愛知支部のリンクを貼っておきます。
https://blog.goo.ne.jp/teacchken_aichi


次はABA(応用行動分析)について書いてみようかなと思います。

ABAとTEACCHって違うようで似てるな、だいたい同じじゃないかと感じているので。

さわい拝  


Posted by コネクトスポット at 23:24 │コメントをする・見る(0)発達障がい

2019年12月11日

健やかさってなんでしょう

スタッフの中田です。

コネクトスポットでは毎日2回の体験講座の時間があります(金曜日の午後だけお休みです)。
ここでは外部の専門的な講師の方をお呼びして、利用者の方へ新たな出会いや発見の場を提供しています。
また、スタッフもそれぞれの専門性や特技、趣味を活かして講師を務めています。

私もいくつか講座を担当させていただいています。
そのなかのひとつに「健やか講座」というものがあります。

この講座は、健康を幸せな人生を送るための資源として捉え、個々の健康管理能力の向上を図ることを目的としています。

こうやって文字にするとなんだか堅苦しい感もありますが、
実際には講座の前半では健康に関する話や実験をしたあと、後半では利用者の方の「今気になっていること」について飲み物を飲んだりしながら座談会を行ったりとゆるやかな場面もあります。

私自身は看護師として利用者の方の健康を守る立場にいますが、健康とはなんだろう、と常々考えさせられます。
健康には様々な定義や考え方がありますが、状態ではなく力や資源と捉える考え方がしっくりきています。

個別での関わりと講座を通した集団への関わりを通じて、
こんな自分になりたい、とコネクトスポットに来てくださる方々の応援の仕方のひとつとして存在できればと思っています。


ちなみに、初回の講座では参加者の方に健康のイメージについてお聞きしました。
「生きれいれば健康」「痛みがない」「笑っていること」など様々な意見がありました。

あなたにとっての健やかさとはなんでしょうか?  


Posted by コネクトスポット at 06:14 │コメントをする・見る(2)専門的ノウハウ

2019年12月05日

不登校の親になったからこそ、見えたこと part4

不登校の子を持つ親としての楽しみを見出しつつある話。
コネクトスポットスタッフのまきです。

自分を見つめる、自分と向き合う時間  

今、大変な時。
私は今まで大変といえば、苦しいとか、前が見えないとか、ネガティブな言葉として、大変という言葉を使っていた。
でも、幸運なことに、出会いが今まで思ってきたネガティブな言葉も変化させる。
大変は、大きく変わる時。とても大切な時だから、じっくりゆっくり自分を見つめる。ここを大切に過ごせると、大切なことに気づける。と
教えてくれた人。

余裕がなく、走り続ける日々,そんなときに、時には歩く。と声をかけてくれた人。

うまくいかない時、方法と、前提を見直してみる。とアドバイスしてくれた人。

瞑想したり、空を見たり、走ったりして、空気を感じたり
月や太陽。季節の花を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり
目の前にあるいろんな事を、じっくりしてみながら、自分と向き合って見えてくるものを
探している日々です。

出会いや、聞いた言葉を大切に、感謝の毎日です。


NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL [email protected]
HP https://npo.connect-spot.net/









  


Posted by コネクトスポット at 23:32 │コメントをする・見る(1)当事者の言葉

2019年12月04日

イケメンはモテない






のむらです。


インパクトの強いタイトルに惹かれ、買った本。

「イケメンはモテない」


タイトルで分かります通り、基本的な対象はパートナーのいない男性への本です。

しかして、その実態は「円滑な人間関係を形成するための本」といったものでした!


著者は現役Youtuber 兼 某会社の役員。
もともと、学生で起業し、金銭を得たのち「モテ」について全力で研究・勉強・実践を様々な角度からされた人。
また、上手くいき始めた研究成果であるノウハウを周囲の人に渡して、その効果を検証しているという点が素晴らしい。
他者を勝たせる人は巡って、自身が勝てるようになりますから。何とかは人のためならず。


では、内容について。

大雑把に書けば、Youtubeで紹介されているノウハウを、それぞれ実践例を出して説明しているノウハウ本です。

実践例は、出会いの場面からLINEでのやりとり、食事(ランチ)へ誘い、デートへの誘い、そして告白へという流れを登場人物が進んでいきます。


行われている行動に関して、実験や実証されている効果の名称・その説明にも言及しており、論理を大切にされる方にはより納得感のある展開。

学問としては、主には心理学から相手への影響を追求しています。疑問を感じる解剖学も一部含まれていますが、そこはそれで。

心理学的切り口の例として、ラポール形成の基本であるペーシングやミラーリング、バックトラッキング。LINEへの応用も書いています。

一時期流行ったダブルバインドやアイブロウフラッシュなど。多くの手法を紹介しています。


このことから、単純に一つの手法をごり押しするタイプの本ではなく、

「人間関係を良好に形成するには様々なやり方があるんだよ」

と伝えてくれている本と言えます。

つまり、

男女関係以外にも、人とのつながりを深めたいという人・仕事にも大いに参考になる書籍です。


我々の活動に関心を抱いている方にも、人付き合いで悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。


自分の行動を振り返って、良いところ・もっと良くなるところを知る機会を得られるかもしれませんよ。



追伸

2019年11月現在ですでに3刷。


売れる要素も本の壮丁に仕組まれていそうです(笑)


  


Posted by コネクトスポット at 16:55 │コメントをする・見る(5)書評

2019年12月04日

そんなあなたに届けたい、様々な利用のかたち~高次脳機能障害のあるAさん~③

前回、前々回と高次脳機能障害のあるAさんの利用に至るまでの流れをご紹介しました。




今回はコネクトスポットを利用する際、具体的にどのように過ごし方を決めていくのかについて例を挙げてご説明していきます。



コネクトスポットのパンフレットでご紹介している利用の流れではオレンジの枠内の内容になります。
パンフレットはコネクトスポットのホームページから読むことができます


コネクトスポットでは一人の利用者さんに対して、一人のスタッフが担当者になります。
(他のスタッフもそれぞれの専門性を活かして関わります。)

個別プログラムの作成にあたっても主に担当者がサポートに入ります。
利用者さんの希望とありたい姿(1年後の目標)に対して、担当者はそれまでの道のり(計画)を考えるサポートをします。

道のりは
・心身管理の状態(健やかさを保つこと)
・生活習慣づくり
・地域生活、地域参画(仕事や地域活動など)
・自己表現、文化的生活(趣味や自分ならではの活動)
・ネットワークづくり(相談できる人との関係性づくり)
など様々な視点から考えます。

Aさんの希望とありたい姿は「自分の病気や障害のことを知りたい」
「自分の病気や障害と付き合いながら、やりたいことを見つけられている姿」だとすると・・・

道のりとしては
例えば・・・
心身管理の状態(健やかさを保つこと)でいうと、
→コネクトスポットで描きたい姿は
「脳梗塞の再発予防に必要な行動をとれる、障害との付き合い方をみつける」
→その姿に近づくために今どこまで行けてどこに壁があるか?
「病気に対する知識や障害の特徴について理解はしているが、生活への活かし方に不安がある.」
→ではコネクトスポットではどう過ごすのか?
「生活への活かし方について安心できるように、 看護師との日々生活の振り返りをする、作業療法士にアドバイスを受けながら日常生活の工夫と実践の振り返り」を行う

といったように考えていきます。

地域生活、地域参画(仕事や地域活動など)でしたら
→コネクトスポットで描きたい姿は
「自分に合ったペースで活動できる仕事を見つけられる」
→できていること、壁になっていることは
「無理のないペースで仕事をするためには工夫が必要なことは理解しているが、具体的にどのように工夫していけばよいのかわからない」
→コネクトスポットでは
「体験講座のプログラムや個別の作業プログラムに参加し注意や記憶力など自分に合ったペースを確認する、関心に応じてボランティアや職業体験に参加して自分のペースに合いそうなものを探す」
というように考えたりします。
 
生活習慣づくり、自己表現、文化的生活(趣味や自分ならではの活動)、ネットワークづくり(相談できる人との関係性づくり)の視点でもこのような流れで考えていきます。

このように個別プログラムを考えた上で日々のコネクトスポットの過ごし方を考えていくことになります。
ということは利用者さん一人ひとり過ごし方が異なってきますね。
これもコネクトスポットが「自分らしく」過ごせるポイントのひとつではないかと思います。


コミュニティーナース 中田



コネスポ・HP
   ↓  ↓  ↓
https://npo.connect-spot.net/

コネスポ・インスタグラム
   ↓  ↓  ↓

https://www.instagram.com/connnect.spot/


コネスポ・facebook
   ↓  ↓  ↓

https://www.facebook.com/pg/connect.spot.net/posts/?ref=page_internal
  


Posted by コネクトスポット at 06:59 │コメントをする・見る(0)コネクトスポットの紹介