2020年03月26日

"好きなことを仕事をする" のは大切か?

若者働く場づくりに取り組むキャリアコンサルタントの山下です。

先日、コネスポで1年ほど仕事探しのお手伝いをしていたAさんから
「バイトの面接合格しました!来月から仕事です!」
と素敵な報告が届きました。



この1年間、「せっかくなら自分の好きなことを仕事にしたい!」と
雑貨やアパレルなどの販売系のバイトを受けてきました。
しかし、なかなか思うように行かずに、悩む姿も見てきただけに、
今回の報告は私自身もとても嬉しかったです。

そんなAさんと改めてこれまでの就職活動を振り返りつつ、
インタビュー内容を記事にまとめてみました。
良ければご一読下さい。

Qやりたい仕事をした方が良いか?
A誰かに選んでもらったもの、妥協したもの、興味のないものだと、
「まあ、いっか」と続ける気力が持てずに結局すぐに辞めてしまう。
自分が納得して選んだものならば、嫌なことがあっても続けられると思います。

Q就職活動で大事にしてきたことは?
A「どれだけ興味を持てるか?」を大切にしながら
時間をかけて、コネスポの方々と一緒にどんな仕事があるのか調べてみました。
そして可能なら職場に行って、お客さんとしてもお店を眺めるようにしました。
それにより、簡単な雰囲気(どんな人が働いているか?どこに何があるのか?)を
つかめるし、働くことへのシミュレーションになります。

これらを通して「直感だけなのが実感へ変わっていきます」

また仕事が決まるまでの間、ホームセンターでのインターンにも挑戦してみました。
それが良いリハビリになって、お陰で仕事への気持ちが前向きになれたり、
仕事の不安を払拭するきっかけになったと思います。

Q就職活動で苦労したこと、悩んだことは?
A どうしても時間がかかる人はかかる。
面接を受けても決まらない時期は心身にダメージがありました。
そんなときはしばらく休憩しながら切り替えて行きました。

決まらないのは辛いですが妥協はしたくなかったです。
でも時間はかかるし、、、と葛藤の日々でしたね。
自分は家族が自分のペースを尊重してくれたのが良かったです。

Q決まった時の気持ちは?
A 素直に嬉しかったです。
以前、仕事が決まったときは嬉しい反面、「働くのが嫌だな」とアレルギー反応がありましたが、
これからどんなことが始まるのかな?とワクワク感が湧いていました。

Q仕事探しを考えている人に一言
A タイミングはどの年齢でも良い。
周りに縛られずに行動に移して欲しい。
妥協するよりも時間をかける。
遠回りな様だけど 変に焦らない方が良いかなと思います。

"好きなことを仕事にする"のは自分の答えであって、
それが絶対じゃない。
その人それぞれの答えで良いと思います。

※この記事の発信にあたって、本人の同意は得ています。


自分らしい仕事探しを実現したAさんのこれからの活躍が楽しみです。
コネスポでは自分らしく働くきっかけになるお手伝いも提供しています。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせ下さい!

NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL info@connect-spot.net
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/  


Posted by コネクトスポット at 14:07 │コメントをする・見る(0)若者へのメッセージ当事者の言葉

2019年12月14日

人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い

学校に行かなかった経験のある方へのサポートをしている山下です。

ちなみに私は小中高とほぼ皆勤で、学校に行かないと言う選択があることに気づけなかったタイプ。
だからこそ、自分とは違う学生生活を選択している彼ら・彼女らの言葉はとても大切に思えていて、いつも私が気づかされるばかりです。

今までにいろいろな出会いの中でよく耳にする声を今回は紹介したいと思います。



「人と違った生き方かもしれないけど、自分は自分で良い」

自分の生き方を信じることって意外と難しいです。
これは以前にうちのスタッフの伊藤も記事に書いています。


また自分を生きることをテーマにした企画をスタッフの中田が開催しています。


人違う生き方を歩む時、誰だって不安があります。
そんな時、その選択を信じてくれる存在が必要です。

コネスポは自分に正直に生きようとする想い私たちは信じて伴走します。
その人しか描けないその人らしい生き方を共に創り上げて行きます。

そして、人生を振り返った時に自分の生きて来た道に自信が持てる様に願っています。

現在、若者の生き方にフォーカスしたこんなイベントも企画中です。
「多様な若者にスポットを当てるデザイン展」
https://npo.connect-spot.net/art-exhibition

気になった方、話を聞いてみたい方、一緒に生き方を考えたい方
お気軽にお問い合わせ下さい。

NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL info@connect-spot.net
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/
  


2019年11月18日

あなたはあなたのままでいい

コネスポのピアスタッフの伊藤です。
今回は当事者経験もある私から若者たちへメッセージを伝えたいと想い、記事にしました。

自分を大切に思えない。
自分なんていない方がいい。

苦しい。
消えたい。
死にたい。

こんな声を私はよく聞きます。

私も以前、そう思っていた時期がありました。

あの頃は何も見えなくて、絶望でいっぱいだった、、、
暗闇の中、光なんてないと思ってた。

誰にも理解されない。
味方がいない。

そう思ってた。


『ありのままの自分』

殺して生きている子がたくさんいます。

本当の自分を奪われ、
いつの間にか自分を見失い、
本当の自分がどんなだったかわからなくなっている子もいます。

もう過去に囚われなくていい。
失敗してもいいんだよ。
全部無駄じゃなかった。

あなたはあなたのままでいいんだよ。


もしも相談したいことがある。
紹介したい人がいる。
と思った方はお気軽にご相談ください。(初回相談は無料です。)

NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL info@connect-spot.net
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/  


Posted by コネクトスポット at 10:43 │コメントをする・見る(0)若者へのメッセージ

2018年10月10日

岡崎市 定時制・通信制高等学校 合同説明会の開催に向けての想い




今回は進路選択をどうしようか検討している学生たちへ想いを込めて書きたいと思います。

定時制・通信制高校の先生方にお会いした際に、
「生徒たちは、この高校を積極的に選んで入学したのか、それとも他に選択肢がなくて仕方なく選んだのかどちらが多いですか?」

と尋ねると、後者(仕方がなく選んだ)が圧倒的に多いそうです。

僕自身はもっと積極的に選ぶ人が増えて欲しいなと思っています。
有名進学校に入るのが成功ではなく、多様な成功の形があることを伝えたいです。

岡崎市では地域性として
「進学校(もしくは工業高校など) ➡︎ 良い大学 ➡︎トヨタ系を始めとする大企業へ就職」が
王道だと大人たちも含めて根付いていますが、

今回の企画を通じて実現したいことは
・どの様な進路であれ、自分自身で選ぶ進路に優劣はなく、等しい価値があると若者自身が自信を持って欲しい。
・親御さんや教職員の方も含めて地域の方々に定時制・通信制高校と言う選択肢への理解を深めたい。

と言うことです。

選ぶ人生はその人次第です!
そして、その人らしい自己実現の形があります!

1人1人の人生のストーリーを形にするためにコネクトスポットは全力で伴走して行きます。
そして、多様なストーリーが生まれる地域の実現を目指しています。

興味を持たれた方は、ぜひ会場へお越し下さい。
  


Posted by コネクトスポット at 16:10 │コメントをする・見る(0)若者へのメッセージ