2022年06月20日

2022年 夏のインターンシップ体験記①

コネクトスポットでインターンのコーディネーターをしている山下です。
これまでに多くのインターンの学生たちが参加してくれています。
このコーナーでは、学生さんたちのレポートを紹介できればと思っています。

2022年 夏のインターンシップ体験記①


【医者を目指す大学生のOさん】
私は今、医学部6年生であり、来年から医者として働くべく勉強しております。
医者として働く際に、病気を治すという面ではなく、
多面的に患者さんに関わりたい、力になりたいと思っております

 急性期の治療を終えて病院を去った後の障害が残ってしまった方や、
それによりひきこもりがちとなってしまった方とふれあうことで、
将来医者として、ひとつ広い視点で物事をとらえられるようになるのではないかと思い、コネクトスポットのインターンに応募させていただきました。

 3日間のインターンシップでは、
個人がその実習で学びたいことを踏まえてカリキュラムを組んでくださります。
今回私は、
・利用者さんとのコミュニケーション
・スタッフさんへのインタビュー
が主でした。

 利用者さんと触れ合うことは、純粋にとても楽しかったです。
コミュニケーションにおいて、たとえ相手が障がいのある方であったり引きこもりの方であるからといって、変に構える必要はないことを学びました。
相手との信頼関係や関わり合いにおいての本質は、どんな時も不変でした。
相手を尊重する気持ちと理解したいと思う気持ちが全てなのです。


 人は、自分の物差しのみで人を判断しがちですが、
各々が各々の最善の方法で相手を気遣っており、
その方法がマジョリティーかマイノリティーかだけで、
障がいかどうかを決めている事自体がナンセンスだと思いました。

 インタビューでは、こちらが答えにくい事や難しい事を質問をしても、
スタッフさんは皆さんとても誠実に、
一生懸命に言葉を探して答えて下さいました。
多職種連携という点でも新しい視点を多く得ることができ、とても満足です。

 また、毎日1日の最後に実習のフィードバックしてくださりました。
自分の考えや成長を言語化して整理することができ、
さらにそれが内容の濃いものになったことは言うまでもありません。

 とても充実した、実り多く学びの多い3日間のインターンシップでした。
コロナ禍にも関わらず実習を受け入れてくださり、
誠にありがとうございました。
ここで学んだことを生かして、今後より一層、学業に励んでいく所存です。

レポートは以上です。
Oさんにとって、今回のインターンが
今後の仕事や生き方を見つめ直すきっかけになれば嬉しく思います。

引き続きインターンの応募はしていますので、興味がある学生さんはぜひご応募下さい!
NPO法人コネクトスポット
愛知県岡崎市伝馬通二丁目49番地
TEL 0564-73-6388
MAIL [email protected]
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/


同じカテゴリー(インターン生 報告)の記事画像
2022年 春のインターンシップ体験記③
2022年 春のインターンシップ体験記②
2022年 春のインターンシップ体験記①
2021年 秋冬のインターンシップ体験記①
2021年夏のインターンシップ体験記②
2021年夏のインターンシップ体験記①
同じカテゴリー(インターン生 報告)の記事
 2022年 春のインターンシップ体験記③ (2022-04-04 09:00)
 2022年 春のインターンシップ体験記② (2022-04-03 08:10)
 2022年 春のインターンシップ体験記① (2022-03-28 13:44)
 2021年 秋冬のインターンシップ体験記① (2022-01-29 08:28)
 2021年夏のインターンシップ体験記② (2021-09-16 13:34)
 2021年夏のインターンシップ体験記① (2021-08-15 16:05)

Posted by コネクトスポット at 08:08│コメントをする・見る(0)インターン生 報告
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2022年 夏のインターンシップ体験記①
    コメント(0)