2022年01月29日

2021年 秋冬のインターンシップ体験記①

コネクトスポットでインターンのコーディネーターをしている山下です。
これまでに多くのインターンの学生たちが参加してくれています。
このコーナーでは、学生さんたちのレポートを紹介できればと思っています。


2021年 秋冬のインターンシップ体験記①


【作業療法学科に通う大学生のKさん】

私は、作業療法学専攻の学生であり、発達障害者でもあります。
当事者として生きながらいろんな人との出会いやお話を見聞きしたりする中で、
福祉にも医療にも繋がっていない人が利用できる何らかの支援の形があってもよいのではという思いを持っていました。

そんな中で、コネクトスポットの存在を知り、
ご利用者さんやスタッフさんたちのお話を聞いてみたいという思いやサポートのお仕事を身近で見て学びたいという思いからインターンシップに参加しました。

インターンシップではご利用者さんとスタッフさんとの関わりの様子が特に印象に残っています。

お話をする時間で話したいこと、思っていること、感じたことなどをお話されているご利用者さんと目線や波長を合わせながら、
丁寧にお話を聞いていこうという思いが感じられるスタッフさんとの雰囲気の中で、一緒に参加した私も安心した気持ちを感じていました。

ご利用者さんが自分の気持ちをスムーズに上手く表現しておられて、
それは、体験したことを振り返り、気持ちに目を向ける機会を持てることや、
思いを聞いて共有する、受け止めるというスタッフさんとの関係性があるからなのかなと思いました。

体験講座に参加したこと、ご利用者さんとお話ができたことも、嬉しかったことの一つです。
作品作りやゲームを楽しむことなど、
ご利用者さん、スタッフさん、私のような初めて参加する人同士でも、
緩やかに場と時間を共有してつながりを持てるのがいいなと感じました。

インターンシップの間、
ご利用者さんが、他のご利用者さんに気配りの気持ちを向けたり自然とサポートしたり、
私にもさりげない気遣いをしてくださることがたくさんありました。

担当スタッフさん、スタッフの皆さんが私自身を見てくださっていると感じ、
引っ込み思案な自分から前に出ようと行動することが出来ました。

私の人との関わりが上手くないところなどが、ご利用者様との間で悪く作用しないように、助けてくださり、温かく見守ってくださりました。

スタッフの皆さんもご利用者さんも、素敵だな、私もこんな人間になりたいと思うところがたくさんありました。

人と関わり、体験し、身体を動かすこと、
それによって心身に動きが生じることも、
ご利用者さんの姿を見て、また私自身の体験としても感じることができたと思います。

ご利用者さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。



レポートは以上です。
Kさんにとって、今回のインターンが
今後の就活や生き方を見つめ直すきっかけになれば嬉しく思います。

引き続きインターンの応募はしていますので、興味がある学生さんはぜひご応募下さい!
NPO法人コネクトスポット
愛知県岡崎市伝馬通二丁目49番地
TEL 0564-73-6388
MAIL [email protected]
HP https://npo.connect-spot.net/
Facebook https://www.facebook.com/connect.spot.net/
Instagram https://www.instagram.com/connnect.spot/


同じカテゴリー(当事者の言葉)の記事画像
人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い
目隠しをして平均台を渡る様なものですよ。〜当事者からのメッセージ〜
同じカテゴリー(当事者の言葉)の記事
 Wさん 卒業インタビュー (2020-11-30 18:00)
 "好きなことを仕事をする" のは大切か? (2020-03-26 14:07)
 人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い (2019-12-14 08:01)
 不登校の親になったからこそ、見えたこと part4 (2019-12-05 23:32)
 不登校の親になったからこそ見えたこと part 3 (2019-11-29 08:32)
 不登校の親になったからこそ見えたこと part 2 (2019-11-21 23:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
2021年 秋冬のインターンシップ体験記①
    コメント(0)