2019年11月14日

不登校の子の親になったからこそ、見えたこと

不登校の子をもつ親として楽しみを見出しつつある まきです。

今日は私が親として感じていることを当事者目線で語りたいと思います。

不登校の子どもを持つ親は、楽しめないのか。
不登校の子どもは、楽しめないのか。
答えは両方間違いだ。

私は不登校の子どもを持ってみて、正直悩みました。が、最近は、楽しんでいる。
親も自分のやりたいことをやる。
子どもも、もちろんやりたいことをやる。

やってみて、うまくいったことを私の場合でいくつか書いてみます。

1 若い頃に読み損なった本を読む
2 世間で流行っているシリーズもののDVDを観る
3 学生の時以来、走ってみる
4 今迄、聞いたことの無い歌を聴いてみる
5 子どもと一緒にゲームをやってみる

以上の事をやってみて、日々が楽しくなった。
次は何をしてみようかと目標が出来た。
子どもとゲームを共有出来た。

一番のチャレンジは、ゲームをしてみたことだった。が、結構楽しく、共通の話題が出来た。
時には、方向転換してみてもいいかもしれない。
レールを外れたかもしれないが、レール以外の場所は広くて自由だ。勿論、学校へ行けるにこしたことはない。でも行けないのだ。まだまだ修行中だがいつか、両手放しに、笑い飛ばせる日がくるだろう。悩んだ末の現在だ。
                   
コネスポでは、当事者経験のあるスタッフもいます。
当事者目線(ピアサポート)も大切にしながら、日々の支援や発信もしていますので興味をお持ちになった方はお問い合わせ下さい。


NPO法人コネクトスポット
TEL 0564-73-6388
MAIL info@connect-spot.net
HP https://npo.connect-spot.net/


同じカテゴリー(当事者の言葉)の記事画像
人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い
目隠しをして平均台を渡る様なものですよ。〜当事者からのメッセージ〜
同じカテゴリー(当事者の言葉)の記事
 "好きなことを仕事をする" のは大切か? (2020-03-26 14:07)
 人と違った生き方かもしれないけど自分は自分で良い (2019-12-14 08:01)
 不登校の親になったからこそ、見えたこと part4 (2019-12-05 23:32)
 不登校の親になったからこそ見えたこと part 3 (2019-11-29 08:32)
 不登校の親になったからこそ見えたこと part 2 (2019-11-21 23:24)
 目隠しをして平均台を渡る様なものですよ。〜当事者からのメッセージ〜 (2018-10-24 07:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。