2018年04月21日

連携機関紹介―コミュニティソーシャルワーカー―

今回は、地域の困りごとの窓口の紹介です。

岡崎市社会福祉協議会

岡崎市役所の福祉会館の2階が窓口になっています。

こちらでは、年齢・障害を問わず、地域でお困りの方の相談に乗ったり、地域での居場所作りに取り組んでいます。

そしてそれを推進する専門スタッフが

コミュニティソーシャルワーカーです。

岡崎市で2名配置されています。


先日、実際に足を運び、コネクトスポットと関連する子ども・若者分野の取り組みについて伺って参りました。

岡崎市の取り組みとしては、

①子ども食堂について




子どもが食事を食べられない「貧困」の問題、家族が働いていて1人で食事をしている「孤食」の問題などの
解決に向けて、「子ども食堂」が広がって来ています。

社協さんの話では岡崎市では、現在3つ(滝町、緑ヶ丘、六名)で開催されている様で、少しずつ広まって来ています。
ちなみに愛知県内では長久手市が力を入れて取り組んでいるそうです。

子ども食堂の形は様々ですが、大きな共通点は
・食事を提供してくれる(子どもは無料であることも多い)
・地域の居場所として開放している。(子どもに限らず、誰もが利用できる形にしている所もある)

社協さんとしては、今後も子ども分野における地域作り事業として進めて行きたいと言うことでした。


②複雑なニーズの方への対応
相談窓口までなかなか来れない方や複数の相談窓口に行く必要のある方への対応をして行きたいと言うことでした。

例えば、障害福祉の制度だけでなく、介護保険制度、医療保険制度など複数利用する場合、窓口が異なるため間に入って説明が必要です。

子どもで言えば、教育委員会に所属するスクールソーシャルワーカー(今年度は8名在籍とのこと)とも連携して進めて行きたいと言うことでした。


ただ、現状では取り組み始めた所が多く、子ども・若者の分野に関してはこれからなのだと感じています。
コネクトスポットでは、この分野のコミュニティソーシャルワークに力を入れているため、今後も情報交換しながら連携できればと話をしました。

引き続き、顔の見える関係を築きながら、地域作りやケースワークにも取り組んで行きたいと思います。
  


Posted by コネクトスポット at 08:33 │コメントをする・見る(0)連携機関紹介

2018年04月14日

怠けているのでしょうか?




元気に学校や仕事に行っていた子どもが、家で寝てばかりいるとご家族からは

「怠けているのでしょうか?」

「あんなに元気だったのになぜ?」

など疑問や戸惑いの声が見られます。

この質問をされた答えの前に、親御様がそう言った想いを持ってしまうのも理由があります。

親世代の方は学校に行かないことは怠学や怠惰とみなされていたことが多いです。
そして辛くても耐え忍んで頑張って来たと言えます。
「働かざる者食うべからず」と言う様にある程度の年齢になったら働くことが当然視されていました。

それ故に目の前の子どもの行動は理解することができなかったり、常識外れだと感じたりして困惑してしまうのです。

そうなると、無意識のうちに

「自分は行けたのになぜいけないのか?」

「昔の方が大変だったぞ!」

など過去の経験や自分の姿と比べて言葉をぶつけてしまいます。


タイトルの質問に話を戻します。
「親御様は怠けている様に見えるかもしれませんね。」とご家族様の想いを共感する一方で
「現在している行為にはお子様なりに意味があります」とお子様のニーズへ視野を広げる様にします。

親御様も初めは理解できないかもしれません。
その考え方の枠を少し緩めたり、広げたりすることでお子様に対する見方や考え方だけでなく、自分自身についても振り返る機会を提供します。
ひきこもり・不登校について関わる際には、子どもや親を変えようとするのに固執するのではなく、家族全体のあり方を見直すことが大切です。

コネクトスポットでは、ひきこもり・不登校の家族会へ参画に加えて、必要に応じて親御様への個別のコンサルティングも取り入れながら、家族全体へのアプローチを大事にしています。  


Posted by コネクトスポット at 09:01 │コメントをする・見る(0)ご家族様からの質問

2018年04月06日

連携機関紹介―就労支援②―

今回、働くことへの不安や悩みをサポートして下さる連携機関をご紹介します。


「スリ―エーサポート」
http://www.aaasupo.com/




実際に所長様にお話を伺うことができました。

こちらの特徴として

①パソコンに特化したサポート


こちらの事業所はパソコンを利用したスキルアップに力を入れていらっしゃります。

事務作業スキル、HPの作成、動画編集、イラスト作りなど
個別のニーズに合わせたコースを用意して下さります。


②メンタルの面のサポート
それぞれ担当のスタッフがついてサポートされています。
利用者さんの中にもメンタルや対人関係の面で課題を抱えている方が多い様子ですが、しっかりフォローして下さります。

ちなみに精神科病院を受診されている方ならば、誰でも利用可能です。(詳しくは事業所へお問い合わせください)

③就職後のフォローアップ
就職までのサポートした後もじょぶこジョブコーチと言った資格を持ったスタッフが定着のサポートをして下さり、
多くの方が1年以上働き続けられています。

④しっかりとしたスタッフ研修
スタッフ間の連携や意識を高めるために、所長さんが率先して月2回ほどの社員研修に取り組んでいらっしゃいます。
また研修内容も新たなものを取り入れることに積極的です。

⑤地域のコミュニティ作り
「うつ病友の会」と言う当事者が気軽に集まって話ができる場作りに取り組まれています。


ひきこもりの方に対しての配慮として、
・短時間(1時間の利用からでもOK)
・試しに誰もいない土日へ来て場所に慣れるとこからと言う利用もOK
・在宅ワークの導入に向けて検討中

など前向きに受け入れをして下さる印象でした。

また来所されている方の中に家庭へ訪問してサポートをした方が良い方もいると言うことで
連携を深めて行ければと思いました。


コネクトスポットでは実際に事業所に足を運んで意見や想いを話し合うことで顔の見える連携を持ちながら、
ひきこもりの方を地域全体で考えて行ける様にネットワーク作りに動いて行きます。
  


Posted by コネクトスポット at 12:45 │コメントをする・見る(0)連携機関紹介

2018年04月02日

シェアオフィス

今まで、お子様や親御様の相談を受けるのにカフェなどを利用していました。

ただ、話す内容がかなりのプライバシーがあるので、どこかないかなと探していた所、良いところを見つけました!


Camping Office OSOTO(キャンピング オフィス オソト)




岡崎市で4月にオープンするコワーキングスペースとシェアオフィスなどの機能を備えた場で

スノーピークスも入っているため、アウトドアな雰囲気で良い感じです。

今後は、親御様向けの個別コンサルティングを行なったり、グループセッション、支援者の方との打ち合わせなどに活用して行きたいと思っています。  


Posted by コネクトスポット at 12:10 │コメントをする・見る(0)コネクトスポットについて

2018年03月28日

連携機関紹介―就労支援―



今回はひきこもり相談もおこなている就労支援施設の紹介です。

「Passo a Passo」さん
https://www.passo-10ft.com/

こちらは障害者が一般企業への就職のためのトレーニングや就労体験をすることができるサービスを提供しています。

その中でもひきこもりの方を過去に何件も受け入れた実績があります。
ひきこもりの方への配慮として

・家族のみで相談に来ること、家族同伴での相談も可能

・ラポール(信頼関係)の形成を大切にしており、1人1人に合わせた対応をしている。

・就労体験ではみんなの協働作業だけでなく、個別で行う作業(革細工等のアクセサリー作り、ルアー製作など)も提供している。


と言うことでした。
訪問サポートに入っている方から「お小遣い稼ぎをしたい」「働きたい」「どこかに通える場が欲しい」と言ったニーズがあれば1つの選択肢として繋いで行きたいなと思いました。



コネクトスポットでは地域の関係機関と顔の見える連携をとりながら、困難を抱える子ども・若者1人1人のニーズの実現を目指しています。  


Posted by コネクトスポット at 07:33 │コメントをする・見る(2)連携機関紹介

2018年03月25日

連携機関紹介-ひきこもりの家族会-

今回はコネクトスポットが連携している関係団体の紹介をしたいと思います。

ひきこもりを考える会 ゲートキーパー「おじぎ草」




主な事業としては月2回ひきこもりを持つ親が集う場や当事者の集う場を作られています。
また前回のブログでも触れましたが、定期的に講演会も開催されています。

岡崎市の市民活動団体にも登録されていて地域のNPOや医療機関等と広く連携を持たれています。
https://ojigisou.okazaki-city.jp/


そんなおじぎ草のひきこもりのサポートについてのポイントとしては

・自分の子どもや自分自身に困難さが見られた場合に相談できる場、誰かと繋がる場が必要。

・定期開催にすることで、ふらっと立ち寄れる場があると当事者や家族が思える様にしたい。

・”ひきこもり”について理解を得られる様な情報発信をして行く。

と言うことでした。

子どもさんが家にこもってしまった際に、家族もそれに引っ張られて周囲との関わりがなくなって来てしまうことがあります。
その様な方々に対して、この様な場があることを伝えて繋げて行きたいと思いました。
  


Posted by コネクトスポット at 11:07 │コメントをする・見る(0)連携機関紹介

2018年03月25日

ひきこもりの親の会に参加して




先日、コネクトスポットとしても連携をとらせて頂いているひきこもりの家族会「おじぎ草」さん
主催する講演会に参加して来ました。

今回のテーマは「親の心構え」について

前半は講師の臨床心理士の先生からの講演会では

・親が知っておくべきこと(支援機関のことやお金のこと)

・子どもへの言葉かけについて

・親自身も大切にしなくてはいけないこと


について話がありました。講師の先生は精神科のクリニックやスクールカウンセリングにも関わっていると言うことで、
その経験からの言葉は分かりやすかった印象です。

後半は事例についてグループワークを行いました。
ちなみに今回、コネクトスポットの山下はファシリテーターでした。

事例についての母親の言葉かけを考える中で
「今ならこう言えるけど・・・ね」

「昔の自分を見ているみたい」

「きっとこのお母さんは子ども想いの方だよね
」など

事例のイメージを持ちながら、同じ立場になって自身を振り返ることで出て来る親御様の言葉は印象深く、
グループ内の交流を通して共感や一致が生まれたのを見た様に感じます。

今回、参加された方々が家族に対して前向きになって行くと良いなと思いました。

そしてコネクトスポットとしてもサポートして行きたい方々のリアルが見える時間だったなと思います。
  


Posted by コネクトスポット at 08:01 │コメントをする・見る(0)活動記録

2018年03月16日

「どこに相談に行けば良いですか?」




ひきこもりの課題と向き合う時の難しさとして、当事者自身が助けを外部に求めることが難しいことがあげられます。

そのため、当事者の家族が助けを求めることからサポートが始まって行きます。
その際にご家族から

「どこに相談に行けば良いですか?」

と言う質問をよく受けます。

その答えとしては「ご希望や状況によって決まります」と言うことになります。

具体的に岡崎市で言えば
「ひきこもり」の総合的な公的窓口は、保健所になります。

「病気」と言うことで治療(薬や心理療・作業療法など)が必要であれば、医療機関になります。
※成人であれば精神科が子どもならば児童精神科が紹介されることが多いです。

「障害」と言うことで生活・就労支援(福祉サービス)が必要であれば、障害者機関相談支援センター(各地区に設置)になります。

「不登校」と言うことで小中学生で登校復帰の支援が必要であれば、教育相談センターになります。

「ニート」と言うことで就職活動をするならば若者サポートステーションになります。

家族の相談と言うことであれば、NPO団体が行っている家族会になります。

上記の様に、「どこかに所属すること」をしないと、「ひきこもり」と言うことだけではなかなか制度を利用することができない現状があります。

大事なのは、ご本人とご家族のニーズ(何を必要としているか?)です。
それに寄り添って、必要な制度を利用して行くと言うことをコネクトスポットは大切にしています。

また各機関に足を運んで顔の見えるネットワーク作りに取り組んでいます。もしも紹介先の機関に行くことを躊躇してしまうと言うことであれば、事前に電話で紹介しておくだけでもかなりハードルが下がりますし、初回は同行サポートすることへの対応も考えています。

どうぞお気軽にご相談ください。



  


2018年03月13日

パンフレット作成!!




「コネクトスポットが何をしているのか?」

「どう言う人が利用した方が良いのか?」

「実際に利用することでどう変わるのか?」

「なぜこの活動を行っているのか?」

「どうやったら利用できるのか?」



などを見える形にまとめたいと思い、A5サイズのミニパンフレットを作成しました。

プロのデザイナーさんのご協力もあり、良い感じになったなと思います。


「利用してみようかな?」と言う方の不安や疑問が軽くなり、少しでも多くの方にサポートの手が届く様に

家族会や支援者の集まりの場などで配って行きます!
  


Posted by コネクトスポット at 12:10 │コメントをする・見る(0)コネクトスポットについて

2018年03月09日

家族の時間を持つこと

前回のブログで昼夜逆転について取り上げました。

昼夜逆転によるご家族さんの不安について伺うと、

1つは「不健康になるのでは?」と言う、
早寝早起き=健康 と言う意識が強い方が多いです。これを理由に関わると「朝起きるのが常識だ!」「夜更かしは体に悪いぞ!」
と言ったこちらの固定観念から指導的な関わりになってしまいます。

また「近所迷惑になるのではないか?」
と言う周囲を気にする発言も見られますが、これを理由に関わると「他の人に恥ずかしいから止めて!」と相手を責める関わりになります。

昼夜逆転してしまう理由は様々ですが、すぐに不健康に至ることはありません。
親御さんたちも子どもの頃や若い頃夜通し遊ぶ経験をされた方も多いと思います。

ゲームなどで騒音になってしまう場合はゲーム自体を止めさせるのではなく、ヘッドホンにするなど環境を調整してあげた方が良いでしょう。
その時にも相手を責めるよりは、自分たちが困っていると言う想いで伝えた方がケンカになりにくいです。


コネクトスポット昼夜逆転によって起こる大きなリスクは「家族とのすれ違い」だと考えています。

今は共働きの核家族の家庭が増えていてるので、昼夜逆転してしまうと、朝食や夕食を一緒にとれず、顔を合わせないまま1日を終えてしまう日も出て来てしまいます。

そうなって来ると、ますます親子同士が互いに何を思っているのか分からなくなり、関わりを持とうにもエネルギーが必要になるので、お互いに避けてしまうと言う悪循環に陥ってしまいます。

昼夜逆転してしまっても朝ご飯や夕食など決まったタイミングでは声を掛けて一緒に食べることを習慣化するなどして、家族がなるべく自然に場を共有する時間を持てる様に家庭環境を整えて行くことが大切になります。

  


Posted by コネクトスポット at 12:54 │コメントをする・見る(0)不登校についてひきこもりについて